どんな現場でも必要なビジネスマネジメントとは?

ビジネスマネジメントとは簡単に言うと

ビジネスシーンにおいて周りとの良好な関係を築きつつ、メンタル面を強く持ち、社会人として強調しながらビジネスを行うスキルといったところです。

 

現場に必要なスキル

ほとんどのビジネスはチームで行われるものです。

 

周りとの良好な関係を保つ事は

ビジネスを加速させるためになくてはならない資質です。

 

 

ビジネスマネジメント力が今とても求められる素養となっています。ビジネスマネジメントとは簡単に言うと、ビジネスシーンにおいて周りとの良好な関係を築きつつ、メンタル面を強く持ち、社会人として強調しながらビジネスを行うスキルといったところです。

 

これはどんな現場にも必要なスキルです。一人で業務を行う自営業を別にして、ほとんどのビジネスはチームで行われるものです。仕事そのものは単体で動く事が多いとしても、結果的に部下や同僚や上司がいて、彼らとの結びつきにおいて行うべき作業が決まり、仕事の期限が決まり、達成すべき目標も決まってきます。

 

ですから直接的にも間接的にもビジネスはチーム力が重要です。とはいえ残念なことに職場での人間関係が常に良好であるとは限りません。業務は人間が行うものですから、結局人間関係が大きな影響力を持ってきます。

 

 

上司とうまが合わないとか、同僚とうまく打ち解けられない、部下と意思疎通が図れないといった悩みは常にあるものです。そうした状態だとやはり仕事に身が入らなかったり、モチベーションがあがらなかったり、ミスが起きたりしやすくなります。ですから周りとの良好な関係を保つ事はビジネスを加速させるためになくてはならない資質です。

 

ビジネスマネジメントのスキルはすぐに鍛えられるものではありませんが、職場において重要な項目であることは間違いありません。少し強調した言い方をすれば、給料が良くても人間関係が悪ければそこは働きやすい職場ではありません。逆に給料がそれほどではなくても、人間関係が良ければ仕事への姿勢は前向きになるものです。

 

このようにビジネスマネジメント力はどんな職につくとしても重視したい能力です。

 

就職してから働きやすい環境を作れるスキル

働きやすい職場

周りの人間や職場そのものの環境に大きく依存します。

 

コミュニケーション能力

相手の言葉に耳を傾けるヒアリング力も当然重要です。

 

相手の気持ちに立って動く事を意識

コミュニケーション能力を伸ばすにはいろいろな工夫が求められますが、まずは相手の気持ちに立って動く事を意識するなら、この能力は自然と伸ばしやすくなります。

 

 

ある会社に就職した場合、そこが働きやすい職場になるかどうかは周りの人間や職場そのものの環境に大きく依存します。この場合自分で職場環境を改善するには限界があるのは確かです。

 

しかし個人ベースで行える工夫があるのも事実です。自分の努力や視点しだいでより業務に集中しやすくさせるのは可能です。では具体的にどんなスキルを磨けばそれが可能でしょうか?

 

重要なスキルはたくさんあります。上記のようなビジネスマネジメント力は当然必要です。またコミュニケーション能力もやはり欠かせません。

 

この言葉は頻繁に使われるものですが、このスキルは単に話し上手になることだけを意味しているのではありません。コミュニケーションは2人以上の人間によって成り立つものです。ですから相手の言葉に耳を傾けるヒアリング力も当然重要です。

 

そして観察力もそこに含まれてきます。周りの人間とうまくやっていくには、聞く事や話す事だけをもとにして動くのでは不十分です。職場の人間が全員十分に考えている事や思っている事を口に出して表現するとは限りません。

 

ですから相手の意図や意志を観察して見分ける能力が必要です。自分から先に相手のニーズをくみ取った動きをすれば、より人間関係はスムーズになりますし、業務のスピードはあがりやすくなるでしょう。コミュニケーション能力を伸ばすにはいろいろな工夫が求められますが、まずは相手の気持ちに立って動く事を意識するなら、この能力は自然と伸ばしやすくなります。

 

コミュニケーションの能力を培うためのセミナーも開催されているので、それを取り入れながら職場環境を自分から変えてみると仕事のモチベーションはあがります。

 

現場で長く働き続けられる力をつけよう

 

仕事についても長続きしないという問題はよくある問題です。目的をもった転職は有意義な結果になることがしばしばですが、前の職場で問題があったので仕事を変えたいという理由での転職であれば、新しい職場でも長続きしない可能性が否めません。

 

ではどうすれば長く職場にとどまって働き続ける能力を培えるでしょうか。挙げられるスキルはいろいろですが、一つ大事なのはストレスケアのスキルです。ストレスを跡形もなくすことはできませんが、溜まり過ぎないようにコントロールすることは可能です。

 

ストレスの蓄積は現代病の一つですが、時には身体的な問題や精神的な問題につながりかねません。ですから適度にストレスケアを行えるように自己防衛のためにもこのスキルを向上することが大事です。このスキルを伸ばすために具体的にできることは、関連する資格を取得するのを目標にして学習をすることです。

 

例えば「JAAMP(日本アロマメディカル心理セラピー協会)」が主催している「ストレスケアマネージメント認定試験」などの資格は役立ちます。この資格は感情と上手に付き合う方法や、ストレスの原因に対処する方法、アンガーマネジメントなどの心理トレーニングを活用したストレス対処法などに関し、必要とされる知識を十分に理解している人に認定される資格です。

 

職場で起こりうる様々な対人関係の問題に対処する術を知っていれば、それをずっと悩みの種にして仕事のモチベーションが下がってしまうことを避けられます

 

またこうした資格を取っておけば、周りの人のサポートのためにも活かせるでしょう。自分とチームで働く周りの人もストレスケアの方法を知れば、結果的に職場環境の改善にもつながりますので、是非取っておきたい資格です。ちなみにこの資格は、上記のビジネスマネジメント力関連の資格と合わせて、通信講座の受講で試験対策ができるようになっています。

 

例えば「諒設計アーキテクトラーニング」や「SARA」などの通信スクールでは自宅学習で数カ月かけて無理なく学習ができて便利です。

 

初めての就活や転職で生かせる資格の選び方

 

就職や転職を行っている人の場合、相手がどんなスキルを求めているのかは常に気になるポイントです。就こうとしている業種がどんなものなのかによってもちろん目指すべき資格は変わってきます。

 

ですからその業態に関して特にどんな業務が行われるのか、特定のスキルをどれくらい磨いておいたほうが良いのかを事前に調べないといけません。今のネット社会は便利で、業態や会社に関する様々なコメントを情報収集することができるようになっています。それらを参考にすることもできますし、または会社説明会において必要とされるスキルを確認しておくとより具体的な情報が得られるでしょう。

 

ビジネスにおいて重要なスキルを2つに大別してみましょう。まずは技術的なスキルです。例えば建築や土木関係でいえば、特殊車両の運転資格やCADなどの図面作成に関係する資格、ネット運営に関連する業務であればSEOマーケティングに関連するスキル、経理での仕事であれば簿記などの資格が有用になってくるでしょう。

 

こうした専門的な操作や計算などに関わるスキルは技術的なスキルというカテゴリーに分かることができるでしょう。パソコン関連の資格もやはり技術系と言えます。

 

一方論理的思考力(ロジカルシンキング)に関するものや、コミュニケーション能力、ストレスケア能力などは技術系というよりビジネス全体の土台部分ともなってくるベーシックなスキルです。

 

これらのスキルは特定の職業に特に制限されるものではなく、ビジネスパーソンとして誰でも持っておきたいスキルとなります。技術系のスキルとベーシックなスキル両方をバランスよく養っておくなら、より会社において効率的な業務をこなせる優秀な人材を目指す事ができます。

 

ですからこれから何かの資格を取ることを目標にしているなら、この両方の能力を伸ばすことを意識して資格選びをする必要があります。

 

就職や転職を行っている人の場合、相手がどんなスキルを求めているのかは常に気になるポイントです。就こうとしている業種がどんなものなのかによってもちろん目指すべき資格は変わってきます。

要点を紹介するキャラクター

 

ビジネス系の役立つ資格ランキング

ビジネスシーンにおいて取得しておきたい資格をあげるとしたらキリがありません。ビジネスといっても色々な職種があり、それぞれにおいて求められる技術スキルが違うからです。しかし大抵どんなスキルにおいても共通して求められる能力というものはあります。

 

例えばパソコンスキルは多くの現場においてデータ管理や入力作業、連絡のためのツールとして活用されていますからパソコンに関する資格は有用です。またチームとして上司や同僚や部下たちと働く上で、コミュニケーション能力は欠かせません。さらに自分の伝えるべき事を伝え、問題や課題点に多角的な視点から臨むためのロジカルシンキングの力も養っておく必要があります。

 

文章力や表現力もビジネスで重視されます。このように職種を超えて培っておきたい能力は多種多様にあります。
しかしここではビジネス系で役立つ資格を3つだけランキング形式でご紹介します。

 

画像名を入力

ビジネスマネジメント認定試験の特徴

まず1位ですが、ビジネスマネジメント資格を挙げたいと思います。

この資格は今の複雑化したビジネス環境の中でいかに人間関係をより良質なものにできるかという点に焦点があてられた資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ビジネスマネジメント認定試験の総評
  • 社会人として知っておきたいwin-winの関係
  • 自立するための心理トレーニング方法
  • 人間関係を良好に保つ方法
公式サイトへ

 

画像名を入力

論理的思考インストラクター認定試験の特徴

2位は論理的思考インストラクター認定試験です。この試験はロジカルシンキングができる人に認められる資格試験ですが、主催しているのは「JIA(日本インストラクター協会)」という団体です。

この資格は問題を多角的な視点から見つめ、論理的な思考力を有して実行に移せるスキルを有している人に認定されます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
論理的思考インストラクター認定試験の総評
  • 問題解決のために必要な多角的な視点
  • 論理的な思考力を有し実行に移せる思考力
  • ロジカルな視点からアドバイスできる能力
公式サイトへ

 

画像名を入力

ホームページWebデザイナー認定試験の特徴

3位にはホームページWebデザイナー認定試験を挙げたいと思います。この資格は今急速に発展しているネット技術を見据えた資格となっています。

この認定試験を主催しているのは「JDP(日本デザインプランナー協会)」です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ホームページWebデザイナー認定試験の総評
  • WEBデザインに関する基礎的な知識
  • デザインの技術・作業などの幅広いジャンル
  • Web業界やクリエイティブ業界で即戦力となる能力
公式サイトへ
1位:「ビジネスマネジメント認定試験」

まず1位ですが、ビジネスマネジメント資格を挙げたいと思います。この資格については下記にて詳しく紹介していますが、今の複雑化したビジネス環境の中でいかに人間関係をより良質なものにできるかという点に焦点があてられた資格です。技術的なスキルとは違いますが、養っておきたいスキルのひとつです。

 

2位:「論理的思考インストラクター認定試験」

2位は論理的思考インストラクター認定試験です。この試験はロジカルシンキングができる人に認められる資格試験ですが、主催しているのは「JIA(日本インストラクター協会)」という団体です。
この資格は問題を多角的な視点から見つめ、論理的な思考力を有して実行に移せるスキルを有している人に認定されます。

 

ビジネスにおいては様々なシーンで問題が頻発するものです。もちろん問題なく業務が全て円滑に進めばそれに越した事はありません。しかしヒューマンエラーや他社との関係、会社の設備上の問題などいろいろな要因で問題が出てくるのが普通です。

 

論理的思考ができる人は問題の表面的な部分だけでなく、ロジカルな視点から問題の本質を理解し、その解決を行うまでのプロセスを考えられます。これは重要なポイントです。問題の表層だけを見てその応急措置的な解決策を施すだけでは根本的な問題を取り除けないため、同じ問題が後になって顔をのぞかせることがありえます。

 

経理の問題であれ営業の問題であれ、問題は一度限りそこで根を断つのが基本です。ロジカルシンキングはそのために必要な的確な判断力や段取りを行う能力です。人事担当者はこのロジカルシンキングを有している人を採用したいと思うことが多々あります。

 

ですからこの資格取得を目標にしてスキルを高めていきたいところです。

 

3位:「ホームページWebデザイナー認定試験」

3位にはホームページWebデザイナー認定試験を挙げたいと思います。この資格は今急速に発展しているネット技術を見据えた資格となっています。

 

この認定試験を主催しているのは「JDP(日本デザインプランナー協会)」です。
この資格はWebデザインに対して一定以上の知識やセンス、スキルを持つ人へ認定されるものです。この資格を通してWeb業界やクリエイティブ業界で即戦力となる能力を持っているかが明らかになるので、こうした業種にチャレンジしたいと思っている人にはオススメの資格です。

 

現在就いている職務がこちらの業態とは全く違うという場合は別ですが、こちらの業界への就職や転職を考えているのなら、やはりWeb技術は重宝する技術です。今はEC「electronic commerce」という形態が非常に幅を利かせるようになっています。商品を独自運営のウェブサイトで販売するのがECサイトですが、現在はインターネットで商品やサービスを購入する人がとても多くなっています。

 

そしてネット販売という業態で重要なのがいかにサイトを使い勝手の良いものにするかどうかです。同じ商品を同じ価格で複数サイトで販売する場合、特に他の点で大きな差異がなければ、使いやすく魅力的なデザインのサイトが利用されることがあります。

 

現実のショップでも空間デザインによって顧客の獲得が促進するように、Webサイトにおいてもデザインの良さは重要な要素となります。

 

また何かの商品を販売するというだけでなく、会社に就いての認知度をあげる上でもサイト運営は大事です。見やすく利用しやすいサイトであれば訪問者の数は増えて、それだけ会社をアピールすることが容易になってくるでしょう。

 

一番おすすめなのは「ビジネスマネジメント資格」

注目したいのはビジネスマネジメント資格
問題となる事が多いのは人間関係
人間関係を良好にするにはどうしたら良いか

上記であげた資格やスキルの中でやはり注目したいのはビジネスマネジメント資格です。

 

前述のように現在はわたしたちを取りまくビジネス環境というのはとても複雑です。その中にあって業務をより幅広く行ったり、迅速に行わないといけませんが、その上で問題となる事が多いのは人間関係です。

 

ビジネスに限ったことではありませんが、人間関係が良好でないと多くの場合業務は停滞したり、ストレスが蓄積してしまいやすくなります。

 

第一生命が会社員601人を対象に行った調査によると、対象者の4人に3人は職場の人間関係で悩んだ事があると答えています。「誰に対する悩みか」という点については、同性の上司や同性の同僚に対しての悩みという回答が多く上がっています。しかし調査によると、同性異性や上司部下を問わず職場で一緒にいるいろいろな人に関する悩みを抱えている人はそれなりの割合存在していて、この相手なら問題なく付き合えるというタイプの関係性は存在していないことが明らかです。

 

またこの調査によると、6割の人が職場の人間関係の希薄化を感じているという結果にもなりました。しかしそれを改善したいかと言うと、「人間関係を深めたい」という人は約6割にとどまるという結果にもなっています。さらに具体的な点をあげると、「部下から信頼されていると思う」上司は約7割、「上司を信頼している」部下は約6割という微妙な差も明らかになりました。

 

こうした結果を見てみると、職場における人間関係が非常に複雑な場合があることがよく分かります。小規模の経営の会社であれば社員それぞれが家族ぐるみの付き合いということもあるかもしれませんが、ある程度の規模がある会社だとなかなか身近な人間関係を築く事は難しいことがあるでしょう。しかし人間関係を良好にできればそれだけ働きやすい職場環境を生みだせることは確かです。

 

プライベートにまで関係性が発展する事はないにしても、少なくとも波風を立てず、お互いに協力しながら気持ちよく業務に集中できる状態であれば、仕事の効率化につながり、ひいては会社によっての利益につながってきます。ですからこの分野でのスキルを高めることは重要です。そしてこのスキルを伸ばすために目標にできるのが「ビジネスマネジメント資格」です。

 

この資格は社会人としてどうすれば周りとwin-winの関係を作れるか、人間関係を良好にするにはどうしたら良いかといったテーマについて、十分な知識を有している人に認定されるものです。この資格は在宅受験で得る事のできる資格ですが、上記のように通信講座によって対応可能な資格ですので、自宅での地道な学習によって取得を目指せます。この資格を活かせばまずは自分自身が職場で長く安定して活躍することがより容易になりますし、周りの人のサポートを行うにも役立つ能力となるでしょう。

 

ビジネスマネジメント資格取得講座

 

まとめ

ビジネスにおいて取っておきたい資格や備えておきたいスキルはたくさんあります。

 

就いている職業に直結する技術的なスキルも大事ですし、どの職業にも重要なベーシックなスキルも欠かせません。両方のスキルを意識しながら自分に必要な資格の取得を目指していきたいところです。

 

スキルを伸ばせば、今の仕事を有意義にしたり、そこで長く働きやすくなります。

 

また人間関係を良好にしてストレスもコントロールできるなどメリットがたくさんあるので、少しずつ能力の底上げを目指してみましょう。

更新履歴