POPとその効果

POPが現在注目されています。POPとは「Point of purchase advertising」の略です。これは一般的に紙媒体の広告のことです。特定の商品の名前や価格を書き、そこに少しの説明を加えたり挿絵を描いたりするものです。スーパーなどに行くとあちこちでPOPを見かけます。

 

バーコード表記とともにシンプルに商品名と値段が書かれているようなタグもありますが、カラフルなPOPに書かれた商品を見ると、購買意欲が自然と書きたてられるものです。POPに引かれてつい商品を購入してしまったか、少なくとも足を止めてみたという人は少なくないでしょう。POPはこのように店の売上を左右する効果を持つものです。POPがあるかないかは販売促進には欠かせない要素です。

 

POPに関連する資格はある?

POPを習って今の仕事に活かしたいという人もいるでしょう。その場合はPOP関連の資格を取得してみるのも良い方法です。POPの資格としては例えば「JDP(日本デザインプランナー協会)」の主催する「POPデザイナー」という資格や、「JIA(日本インストラクター協会)」主催の「POPライターインストラクター」という資格があります。

 

前者の資格はデザイン関連の一定以上の知識やセンスを持っていて、レイアウトや配色に合ったデザインができる人に認定される資格です。また後者の資格は、デザインの技法を広告に応用して高い訴求効果を目指すための技術や知識を身に付けている人に認定されるものです。こうした資格を取ってそれを就職活動でアピールしてもいいでしょうし、現在の職場がもし販売関連のものであるならば、学んだ知識を活かして売り上げアップを図ることもできるでしょう。

 

POP資格を取るための講座

上記の2つの資格を取得するにはそれぞれの団体が主催する試験に合格する必要があります。ただ具体的な学習を進めるにはやはり講座を受講するほうが確実です。

 

「SARA」というスクールではこの点、両方の資格試験に対応した通信講座を提供しています。「POP広告基本コース/プラチナコース」という講座ですが、自宅学習で最短2カ月ほどで試験に向けての対策が行えます。

 

まとめ

POPは販売業においていまや非常に効果を持つ販売スキルの一つです。人は視覚情報によって行動が左右されることが多いですが、販売に関してもそれは同様です。鮮やかでキャッチーなPOPデザインがあることで、特定の商品やサービスをより魅力的なものに仕立てることが可能です。

 

POPデザインのスキルを学びたいならPOP資格を目標にできますが、そのための講座を活用しつつ試験に臨むとより簡単に取得が可能になります。

関連ページ

転職で有利になれるスキルとは
転職することは日本では諸外国ほどまだまだ一般的ではありませんが、それでも転職は人生の岐路にもなる出来事なので積極的な姿勢で臨みたいと考えている人は少なくありません。
職場の環境改善に最適なスキル
転職サイトの「en」によると、「現在または直前の職場は働きやすい職場と言えるか?」という質問に対して、「言える」と回答したのは12%で、「どちらかといえば言える」と回答したのは33%でした。つまり「現在の職場が働きやすい」と感じている人は45%しかいませんでした(回答者646名)。
インテリアのスキルで作業効率を高めよう
現在の職場環境をイメージした時に、もし机の上が雑多だったり部署全体が整理整頓されていなかったりすれば、作業効率が落ちてしまう恐れがあります。インテリアと作業効率とは無関係ではありません。
パソコン作業の効率を高める方法
パソコンを使っていない職場はないわけではありませんが、自営業から大企業に至るまで、パソコンは業務を行ううえで欠かせないツールとなっています。パソコンでデータ管理をしたり、会計作業をしたり、連絡手段として使ったり、作図をしたり、企画をまとめたりすることができます。
健康管理しながら働ける環境とは
職場での健康管理が現在大きな問題になっています。ニュースを見ていると「過労死」に関するニュースが頻繁に耳に入ってきます。またここまでの状態にならなくても、仕事にまつわるストレスによって体調不良に陥る危険性はよく指摘されています。
連携しやすい職場環境を作るコツ
自分一人で作業する職業というのもありますが、多くのビジネスパーソンの場合は職業はチームプレイのもとに成り立っているものです。つまり部下がいて同僚がいて上司がいるという関係はほとんどの労働者にとって当たり前のものになっています。
ストレスを減らせる職場環境づくり
ストレスという言葉は日常茶飯事に聞く言葉ですが、場合によっては死にいたるほど深刻な問題となることもあります。ある程度のストレスは健全ですが、それが溜まり過ぎて解消されないと、体調不良や精神的な問題を抱えてしまうこともあります。
設計やデザインのスキルで経費削減
街でショッピングをしていると、オシャレなインテリアやエクステリアの店が目につくことがあります。一方それほど魅力的でないデザインのお店を見ると、そこに立ち寄りたいという気持ちが薄れてしまう場合があります。
事務作業の効率を高めて黒字を増やそう
大抵どの会社でも事務作業が存在します。事務作業の行う業務というのは非常に多岐にわたります。ですからどれだけ業務をより時短で行うか、周りと連携して行うかといった事にいつも気を配るのは大事なポイントです。
会計処理を効率化するためのポイント
会社における経理業務は数字をとにかくたくさん使うのでストレスのもとになるという人が少なくないと思いますが、経理業務を効率化すれば業務はもっとスピーディーになって、不要な時間や手間がとられにくくなります。
営業スキルを向上する方法
リクナビNextが1,500人を対象にして行った調査によると、「営業職において必要なスキルは何か」という項目に関連して挙げられたのは、課題発見力やヒアリング力、対人コミュニケーション力、情報収集力、ロジカルシンキング力などでした。
3DCADと2DCADを上手に使いこなす方法
現在設計関係のスキルとして主に使われているCADは3DCADと2DCADです。3Dは3次元で2Dは2次元という意味です。つまり3DCADは立体的な図面作成、2DCADは平面的な図面作成のためのスキルととらえることができます。
CADの設計作業を簡潔にするには
CADをこれまで使ってきたという人ならまだしもこれからスキルを学んでいきたいという人の場合や、設計図面などを全く読めないという場合には、CADスキルはとても難しいものに見えるかもしれません。
メンタルケアに必要な環境と職場でできる工夫
メンタルヘルスに必要な環境はなんでしょうか。具体的にあげることができるのは、管理職の立場にある人への教育研修や情報提供、事業所内の保健スタッフへの教育研修や情報提供などです。しかしこういった取り組みはなかなか労働者レベルではなく、会社規模で行うべき取り組みです。
仕事の満足度を高めるための工夫
やりがいをどこで感じるかはそれぞれ異なるものですが、これを見ると自分で改善を見込めることと見込めない事とがあるのに気付きます。スキルをアップさせれば成長している感覚をつかめますが、会社によって自分の望む仕事ができないのは仕方がない場合もあります。
スキルアップを目指せる勉強しやすい資格
職場で求められている能力を一つに絞る事はできませんが、全てのビジネスシーンに共通して挙げられるスキルを一つ挙げるならストレスケアに関する能力は欠かせません。ストレスは現代ビジネスとは切っても切れないものです。
ビジネススキル資格をとるのにかかる費用
ビジネスパーソンとして成功するには、求められる資質や特質、スキルが様々にあります。よく企業の採用担当者が重視するスキルとしては、論理的思考力(ロジカルシンキング)やコミュニケーション能力、熱意などがあげられますが、他にも技術的なスキルは欠かせません。
CAD資格で設計スキルやデザインスキルを高めよう
CADはパソコンを使って設計作業をするものですが、設計に携わる業務についているのであれば取っておきたい資格です。CADの資格は絶対に必要となるわけではありません。CADソフトにはフリーのものがありますし、自分自身で能力を伸ばすこともできます。
ウェブデザインでウェブ作業を効率化しよう
ウェブデザインとは、ウェブページやサイトのレイアウトを考え、当該サイトをより魅力的で意義深いものにするためのデザインのことです。インターネット技術は今や世界中で普及していて、どこでもネットの世界にアクセスできるようになっています。
メンタルケアや人間関係を向上させよう
仕事の量や質に関してストレスがたまってしまうことがあります。上手く業務を果たせなかったことや、自分では手に負えないという業務が出てきたりと、プレッシャーを感じる場面はやはりあります。いずれにしても職場において技術的なスキルがあったとしても人間関係やメンタルのトラブルがあれば働きやすくはなりません。
事務職を完全マスターしよう
これから働く職場で事務職の仕事に就く人、あるいはこれから事務職の仕事に就きたい人は、どんなスキルを向上し資格を取ると良いでしょうか。取っておくと良いものはたくさんありますが、一度に全てを取る事はできません。
レターライティング資格を取るには
文章力はビジネスシーンでは非常に大切なスキルです。文章力のない人が書く文章というのは、考えが伝わらず説得力を持つこともありません。全て口だけでプレゼンするのならともかく、文章に起こした時に内容が良くても表現が稚拙だと大きな力を持ちません。
CAD資格を取るには
CADという言葉をビジネスシーンで聞いた事がある人はたくさんいると思います。CADは「computer aided design」の略ですが、簡単に言えばパソコンを使って設計を行うためのシステムのことです。CADには種類があって、JWCADのような二次元のCADや、AUTOCADのような三次元のCADとがあります。
インテリアデザイナー資格をとるには
インテリアに対する関心が最近はとても高まってきています。「DIY女子」といったフレーズを聞いた事があるという人は多いと思いますが、自分の家を可愛くかっこよくオシャレにまとめあげる事に喜びを感じている人は少なくありません。